LINE Payの概要から安全性、懸念点など総合的な情報をまとめています。

LINE Payの特徴

LINE Payのロゴ

 

スマホを利用しているほとんどの人は、メッセージアプリのLINEを使って連絡等のやり取りをしています。
気軽にメッセージを送れる利便性や楽しいスタンプが魅力的で、老若男女が日常的に使っています。

 

そんなLINEの1つの機能として提供されているのがキャッシュレス決済のLINE Payです。
既にLINEを利用している人は簡単な登録だけで使えるようになるので、参入のハードルはかなり低いでしょう。
過去には300億円を還元するキャンペーンも開催しており、PayPayに負けない存在感を示しました。
熱い注目を集めるLINE Payの魅力や懸念点などを具体的に見てみましょう。

 

 

LINE Payの概要を紹介

通話アプリのLINEが提供するキャッシュレス決済、それがLINE Payなのです。
マンガや投資、フリマなどの多種多様な機能を持つLINEに、キャッシュレス決済の機能が加わった形です。

 

PayPayに対抗した300億円キャンペーンや、頻繁に行われる最大20%還元のキャンペーンは多くの利用者を楽しませてくれたでしょう。

 

 

しかし、その反面で莫大なプロモーション費用が経営を圧迫している実態が浮き彫りになりました。
LINE Payがキャッシュレス決済で覇権を握るためには、もう一歩踏み込む戦略が必要です。


 

 

LINE Payのメリットは安心感

LINE Payを安心して使う女性

いつも使っているLINEにキャッシュレス決済の機能が加わったので、新しくアプリをインストールする必要がありません
この使い慣れている安心感は、他のキャッシュレス決済には無いメリットになるでしょう。

 

LINE Payを使えば送金も簡単に行えるので、家族で利用すれば利便性が一層高まります。
お得なキャンペーン情報もLINEに届くので見逃す心配が無いですし、今までの生活の延長線にある利便性はメリットでしょう。
その結果、家族に教えてもらい利用を始める高齢者が多いのも特徴です。
LINE Payを開始したらポイントが貰えるキャンペーンの効果もあり、多くの利用者を獲得して来ています。

 

 

LINE Payのデメリットについて

LINE Payにはいくつかのデメリットがあるので1つずつ紹介して行きたいと思います。

 

まず他のキャッシュレス決済に比べてポイント還元率が悪いです。
LINE Payでは利用した金額に応じて還元率が決まるシステムが導入されています。
毎月の利用金額が1万円未満は0.5%、5万未満は0.8%、10万未満は1%、10万以上は2%となります。
大抵の人は0.5%、あるいは0.8%の還元率に落ち着くのでお得とは言い難いのがデメリットです。

 

他にも、利用出来る店舗がまだまだ少なく使うタイミングに困る問題もあります。
フリマや投資などを行う人はLINE Payを活用出来ますが、そうでない人は持て余す恐れがあるでしょう。
利用店舗の拡大や日常でのお得感を向上させることが急がれます。