楽天市場などでおなじみの楽天が提供する「楽天Pay」の概要・メリット

楽天Payの特徴

楽天Payのロゴ

 

楽天市場や楽天パンダでお馴染みの楽天が提供するキャッシュレス決済が楽天Payです。
一度でも楽天のサービスを利用したことがある人なら分かると思いますが、ポイント還元の豪華さが特徴になっています。

 

楽天Payは、比較的早いタイミングでPayサービスの業界に参入しています。
独自のポイントプログラムを構築して利用者を増やし、ドラッグストアコンビニを中心に利用店舗を増やしました。

 

そんな楽天Payのメリットやデメリットを紹介するので、利用する際の参考にしてみてください。

 

 

楽天Payの概要を紹介

冒頭でも触れたように楽天が提供するキャッシュレス決済サービスです。
既に多種多様なアプリをリリースしているため、楽天のサービスを利用する人は使いやすかったでしょう。

 

目立った大きなキャンペーンは無いものの、楽天スーパーポイントが貯まるイベントは盛りだくさんでした。
中でも、どのお店で使っても5%還元が行われるキャンペーンは分かりやすさで高評価を得ています。
多くのPayサービスがキャンペーンの店舗を限定する中で、自由な買い物の選択肢を提供した楽天の戦略は成功です。

 

 

楽天Edyの電子マネー利用者を楽天Payへ誘導することで利用者を大幅に増やしています。
楽天サービスを利用出来る店舗では、楽天Payが使えるので分かりやすいのもポイントです。


 

 

楽天Payのメリットはポイント三重取り

ポイント三重取りのイメージ

クレジットカード決済よりも高い還元率になるキャッシュレス決済ですが、その中でも楽天Payはポイント三重取りが行えます。

 

まず、店舗で楽天ポイントカードを提示すると+1%楽天カードでチャージや決済をすると+1%、そして楽天Payによる0.5%のポイント還元があるのです。
つまり工夫次第で2.5%のポイント還元が実現するため、お得感は非常に強いと言えるでしょう。
ポイントの還元率が重要なキャッシュレス決済で、この楽天Payのポイント三重取りは大きなメリットです。

 

他にも、楽天Payを使って買い物したレシートを写真に撮ることで、1000ポイントプレゼントに応募出来るキャンペーンもありました。
このように楽天Payだけでなく、他のサービスも活用すればするほどメリットは大きくなるでしょう。

 

 

楽天Payにはデメリットもある

楽天カードを使用してチャージしたり、決済したりしないと還元率が落ちてしまいます。
また、他の楽天サービスを利用すれば高い還元率を実現出来るのですが、やや分かりにくいのが難点です。

 

キャンペーンには事前にエントリー申請しないといけないものがありますし、店舗が限定されているケースもあります。
内容をしっかり理解しないとポイント還元が受けられないリスクがあるため、こうした難しさはデメリットになるでしょう。

 

ポイントの三重取りや他サービスを利用しないと、楽天Payの魅力が半減してしまうので注意です。