キャッシュレス決済のセキュリティや安全性を考えていきましょう。

一部不安が募るキャッシュレス決済

キャッシュレス決済のセキュリティは大丈夫?

 

現金利用者が多い日本でも、キャッシュレス決済が徐々に普及しています。
それでもなおキャッシュレス決済の利用に踏み切れないユーザーの心理に最も重くのしかかっているのは、“不正利用に関する懸念”です。

 

不正利用やデータ漏洩などの危険性をニュースで目撃するたび、キャッシュレス否定派の不安が募っています。

 

基本的には安全な設計である

クレジットカードやスマホ決済を悪用した犯罪はいくらか見受けられます。
しかしキャッシュレス決済は、基本的に安全なサービスです。

 

クレジットカードではサポートセンターが常にカードの利用動向を追跡していたり、スマホ決済は二段階認証等の不正アクセス対策をしていたりするので万全の対策を喫しています。

 

さらなる安全性を確認するために、それぞれの決済方法における安全性について考えていきましょう。

 

 

キャッシュレス決済の安全性

クレジットカードとPay

 

クレジットカードの場合

日本におけるキャッシュレス決済手段として、最も利用が多いのがクレジットカードです。
その分不正利用の危険性も高いため、クレジットカードには“セキュリティコード”という独自の保護システムが採用されています。

 

セキュリティコードを入力しないことは不正利用を意味するほどセキュリティに対して重要性が高く、利用者を守るための工夫が凝らされたシステムです。

 

電子マネーの場合

電子マネーはクレジットカードとは異なり暗証番号を必要としない上に、カードを端末に近づけるだけで決済が完了してしまいます。
そのため、以前は電子スリの危険性が示唆されていました。

 

しかし電子マネーを読み取る端末は入手が難しく、換金能力も乏しいです。
悪意を持ってデータを抜き取ろうとしても仕組みが複雑で難しいという点が安全性を高めています。

 

スマホ決済の場合

最近のキャッシュレス決済の手段として、スマホ決済の利用が加速しています。
スマホ決済はバーコードを表示させて決済を行う手段なため、スキミング等の心配がありません。
最も安全なキャッシュレス決済方法と言われています。

 

さらにはアプリにロックが掛けられる上に、スマホにもロックを掛けておけば落としても悪用の心配はほとんどありません。
安全性を重視する上で最も考慮したい選択肢です。

 

 

全ての決済に“完全”はない

キャッシュレス決済利用のポイント

 

どのキャッシュレス決済の方法も厳重なセキュリティシステムが敷かれています。
しかしあらゆる決済に共通して言えることは“完全な安全はない”という事実です。

 

クレジットカードにはスキミングされてしまう危険性があり、スマホ決済はアプリにバグが見つかるかもしれません。
いずれの場合も完全に防ぐことは不可能で、常に危険と隣り合わせである自覚を持って慎重に取り扱う必要があります。

 

 

知識を持って慎重に取り扱う必要がある

キャッシュレス決済の安全性は高いです。
しかし、どのような決済も100%の保障はありません

 

危険性を正しく理解し、もしもの際の対策を知識として常に蓄えておいた上で利用を行う必要があるのではないでしょうか。